不動産投資の特徴とは

不動産投資の特徴とは 不動産投資は、長期的に安定して収入を得たい人に向いています。
また、レバレッジをかけられることも特徴の1つです。
例えば、2000万円の資産がある人が、2000万円の物件を購入して安定した収入を得るという方法では、リスクは少ないですが、レバレッジは1倍なので、利益もそれほど大きくはならないでしょう。
ところが、銀行の不動産投資ローンなどを利用して、2000万の資金をもとに1億円のローンを組み、1億円の物件を購入したら、大きな利益を得られる可能性があります。
この場合、2000万円の資金しかない人が1億円のお金を動かしているので、レバレッジは5倍となります。
不動産投資は長期的に安定して収入を得たい人向けの投資となりますが、レバレッジをかけることで、ハイリスク・ハイリターンの投資にすることも可能です。
高額なローンを組むとリスクも上がるので、しっかりとシミュレーションをしておくことが大切です。
不動産投資ローンは低金利ですが、住宅ローンよりはやや高めです。

不動産投資のメリット

不動産投資のメリット 不動産投資には沢山のメリットがあります。
では一体どのような良い点があるのかというと、まず自分が汗水たらして働かなくても収入が毎月入ってくるという点です。
万が一自分が病気や怪我になって働けなくなっても、収入が安定して入ってくるというのは大きなメリットです。
また、もらえる年金が少ない中、老後の年金の足しや代わりになってくれるという点も大きいです。
さらに、小額の資金からでも始める事が出来る点です。
手元に多額の現金がなかったとしてもローンを利用すれば問題なく投資をする事が出来ます。
その他にも、生命保険の代わりになったり、相続対策にも利用できる点が大きいです。
資産を現金で持つより、不動産で持っていたほうが相続税評価額を圧縮する事が出来、その結果節税をする事が出来ます。
まだまだメリットはあります。
他の投資に比べても不動産投資は手間隙がかかりません。
例えば株と比べてみても、株で利益を出すにはかなりの知識と勉強が必要となりますが、不動産投資の場合は、一度購入してしまえば何もせずに家賃収入が期待できるというのも大きな点です。