不動産投資のリスク

不動産投資のリスク 不動産投資を行う際にはいくつかのリスクがあるので理解しておきましょう。まず、投資物件をローンを使って購入する場合は金利が上昇すると利息が増え、税率が変更されると維持費が増えます。予測は困難ですが、余裕を持った運用が必要です。
不動産が老朽化すれば運用開始時の家賃では入居者の確保が難しくなり、家賃を引き下げることになるため収入が低下します。その地域の人口が減るなどして需要がなくなった場合も空室ができてしまうため、長期的な需要のある地域の物件を選ばなければなりません。
修繕の費用も掛かってくるので計画に組み込んでおかないと赤字になる恐れがあります。特に築10年以上経過したときに必要になる大規模修繕では高額の負担が発生するので注意が必要です。
地震や火災などで不動産が全壊して元手の回収ができなくなるケースもあります。保険料として出費が増えますが、火災保険などに加入して備えることも検討した方が良いでしょう。

不動産の価値の動きを先読みするためには

不動産の価値の動きを先読みするためには 不動産は資産価値と利用価値の二つの面を持っていますが、利便性の高い立地なら資産としての評価も高くなるなど、二つは互いに関連性を持っています。
また、不動産は同じものは二つとないため、すべての物件がオンリーワンであり、一物一価と表現されることもあります。あらゆるモノの値段は需要と供給で決まり、売りたいという価格と買いたいという人の需要がマッチしたポイントが時価になるので、例えば隣の物件が5千万円で売れたからと言って、隣接する場所も同じ価値があるとは限りません。反対にそれ以上になることもあるので、1対1の需要と供給を完全に先読みすることはできませんが、不動産を売却しない限り得をすることも損をすることもありません。
損をしてまで売る必要がない物件を購入すれば、売りたい価格になるまで持ち続けて利用していればいいので、将来の価値を先読みして投資するよりも、自分にとって利用価値がある物件を取得することが損をしない購入法です。