不動産の物件見学で確認すべきポイントとは

不動産の物件見学で確認すべきポイントとは 入居してからこんなはずではなかったと後悔しない為にも、不動産の物件見学は大切です。
では見学の際にどんなところを注意して確認すればよいのかというと沢山確認すべきポイントはあります。
 まず、一番大切な室内での確認ポイントは、インターホンや靴入れの有無、日当たりはどの程度なのか、眺めはどうなっているのか、風通しはどうなのか、騒音はあるのか等です。
また、収納できる所はどれ位あるのか、台所や水周りはどうなっているのかなども調べるポイントです。
まだまだあります。
部屋の採寸も、大きい家具や家電を入れるためには大切なので必ずメモや筆記用具とメジャーももっていく必要があります。
そしてデジカメなどで撮影するのも忘れてはいけません。
マンションであれば、共有スペースやエレベーター、集合ポストや宅配ボックスの有無、ゴミ置き場は外か室内か、セキュリティはどうなっているのか等も確認するべきポイントです。
 確認するべきポイントは不動産だけでなく外の環境も大切です。
立地は高台なのか低地なのか、大通りに面しているのか住宅街なのかも調べる必要がありますし、他にも最寄り駅までの距離や、近くにスーパーやコンビ二、銀行や郵便局、学校や薬局そして病院など生活に必要な店や施設があるのかも確認しなければなりません。
また、周辺環境を調べる際は、昼や夜、平日や休日で環境が変わる場合もあるので曜日や時間帯を変えて確認する事が大切です。

不動産を今すぐ売却することはできる?

不動産を今すぐ売却することはできる? 不動産を今すぐ売却するためには、「買取」という方法を利用することになるでしょう。
不動産会社に直接買取をしてもらうという方法になるので、早ければ3日程度ですぐに現金が手に入ります。
瑕疵担保責任が無いことや、だれにも知られずに売却ができることなど、メリットもたくさんありますが、たった1つの大きなデメリットがあります。
それは、不動産が相場よりもかなり安く買取されてしまうことです。
一般的には、7割~8割くらいの価格になるようです。
3000万円の物件なら、600万円~900万円くらい損をしてしまうことになるので、大きな問題です。
築年数が経過していて、500万円くらいでしか売れないような物件なら、100万円~150万円くらいの損ですむので、デメリットは小さくなるでしょう。
ケースバイケースですが、早く売ろうとするほど、不利な取引になってしまう傾向があります。
しっかりと不動産会社を比較するようにしておきましょう。
一般的には、「仲介」のほうがおすすめです。